婦人

見極めが大切!投資マンションの売却には会社選びも重要

家を第三者に貸すメリット

婦人

転勤や両親の介護などで家を長期間空ける場合、リロケーションを利用します。これは不動産会社が仲介して第三者に家を貸す方法です。住宅ローンがある場合、家賃収入を充てることができます。空き家による建物の劣化を防ぐことができます。良いリロケーション会社は入居者の確保が早いですし、サービスが充実しています。

もっと読む

ノウハウだけではないです

セミナー

不動産投資セミナーは不動産投資のノウハウを学ぶためだけのイベントと考えているようであれば勿体ないです。不動産投資セミナーにおける講師の説明や質問に対する回答を通じて、その不動産会社の真の姿を見つけましょう。

もっと読む

いろんな条件を加味して

集合住宅

タイミングを見計らう

歴史的な金融緩和が続く中、金余りの状況は投資に向かい始めています。特に不動産投資への額が年々増えており、プチバブルの再来とも言われています。実際投資マンションの時価が購入価格よりも高くなっている物件も多く、目利きのある人は売買を繰り返している状況になっています。投資マンションを手放さずに、利回りで延々と儲けを出すのも良いのですが、時間の経過とともに当然価値も下がり、修繕費などの負担も増えてきます。そうなる前に売却をおこなうことで、利益を確定させることができます。売却せずに利回りをしたほうが得なこともありますが、借入や物価変動なども考慮して決断すべきでしょう。そういった相談を専門に受け付けている不動産会社もあります。

会社選びのコツ

そういったキャッシュフローを見定めるのも大切ですが、いかに投資マンションを高く売却できるかという点にも注目したいところです。投資マンションを売却するときは、大半の人が不動産会社などに依頼することになります。ただ、会社によっては査定もちがってきますし、購入希望者を探せるかどうかも変わってきます。金額も大きい取引になりますので、会社選びはより慎重におこないましょう。査定はできるだけ多くの会社に依頼しましょう。それにより実際の相場がわかってきますし、正しい査定をおこなっている会社かどうかの判断もできます。所有する投資マンションによってもちがいますが、幅広い客層を望むなら大手が良いですし、とにかく売却を目指すなら実績を見るのも大切です。

老後の不安への対策

マンション

年金問題の浮上により老後のための資金対策に対する認識が高まりました。マンション経営は家賃により老後も毎月収入を得られる方法として人気がありますが、病気などの出費が必要な際に売って大きな現金に変えられるのも魅力的な点です。

もっと読む