家を第三者に貸すメリット|見極めが大切!投資マンションの売却には会社選びも重要
積み木

見極めが大切!投資マンションの売却には会社選びも重要

家を第三者に貸すメリット

婦人

家賃収入をローンに充てる

色々な事情で家を長期間空ける場合があります。多いのは夫の転勤で地方へ移る場合です。最近は海外赴任で家を留守にするケースも増えています。また実家の両親が高齢になり、介護をするために家を留守にする場合もあります。このような場合で家のローンを抱えている人は、リロケーション制度を利用した方が有利です。リロケーションというのは不動産会社を通して第三者に家を貸すことです。リロケーションによって家賃収益が得られますから、それをローンの支払いに充てることができます。しかも空き家のままだと建物が腐食したり錆び付いたりしますが、第三者が生活してくれるので家の劣化も抑えることができます。リロケーションの場合は仲介してくれる不動産会社に管理料を支払うことになりますが、それでも空き家にしておくよりはずっと有利です。

入居者の確保が早い会社

家を第三者に貸したいという人は意外に多いです。リロケーション会社を選ぶ時に実績を調べることが大切です。実績が多いということは、それだけ多くの人が利用しているので安心できます。実績が多いリロケーション会社の見分け方は、入居者を見つけるのが迅速です。なかなか入居者が決まらないと、その分の家賃収入が減ることになります。ですから入居者を確保するのが早いリロケーション会社は多くの人が利用するのです。リロケーション会社を選ぶ時に大事なのが、家に戻る時のサービスです。第三者に貸す場合は2年とか期限を区切って契約をします。もし転勤などから早めに帰宅することになっても自宅へ戻ることはできないのです。その時に代わりの部屋を用意してくれるリロケーション会社なら、安心です。